『お目にかかれて満足です』モラスハラスメントな夫を愛する作品

田辺聖子さんの小説は基本的に一冊の文庫本読みきりくらいの内容が多いのですが、この『お目にかかれて満足です』は上巻、下巻の長さでした。

『お目にかかれて満足です』のお話、主人公は33歳になる主婦のるみ子。

 

『お目にかかれて満足です』単行本表紙

★『お目にかかれて満足です』単行本表紙

 

物語の最初では、結婚して家庭に入り、家事の合間に「るみ子ブランド」のセーターを編む。

それを友人のお店で販売してもらっている、子供はいなくて気が合う夫、洋と楽しく仲良く暮らしている。

最初の出だしはとてもお手軽な楽しい人生を送る主婦です。

 

『お目にかかれて満足です』扉

★『お目にかかれて満足です』扉

 

しかし、人生はそんな言い事づくめではありません。

 

るみ子の実家の家族も医者だけど、夫・洋の実家も医者ばかり。

るみ子が実家に戻るのは自分の家だからまだ気楽だが、洋の実家に行くときはひどく緊張するほど格式ばった家だった。

まだお姑さんも元気だし、洋のお兄さんがまた厳しい人。

 

応接間

 

でも、洋の弟、舷だけは親しみやすかった。

 

夫・洋と弟・舷は同じく医者にならなかった同士。

仲が良く、結婚した後も家にたびたび遊びに来るほどでした。

 

そんなある日、夫・洋の借金が発覚。

貯金も使い込み、実家にまで借金していたのがわかり、るみ子の生活は一変します。

 

一万円札

 

かといって食べていけないというわけではありません。

ただ今までやりやすい男だと思っていた夫・洋は、実はそう簡単な男ではなかったことが徐々にわかっていくのです。

 

洋に借金したことを問い詰めると、次第に逆切れし始め、

 

「お前は物の役にたたない半人前のくせに人を攻撃するときだけ一人前の口を利く」

 

「人にきつうて自分にだけ甘い、やりたい放題、いいたい放題」

 

とまさに今でいうとモラルハラスメントな男でした。

 

るみ子は、

 

「そうかなあ、あたしは洋が喜ぶよういつも美味しい料理を作るよう心がけている。
母親のように甘やかしているつもりだった」

 

と激しいショックを受けます。

 

その後も洋は心臓の鼓動が激しいとか言って、るみ子に看護させたり甘えきっている夫です。

それでもるみ子は洋に捨てられたくないし、一緒にいたい、そんな夫婦仲です。

 

るみ子の生き方は洋が中心で、彼がいなくてはつまらない人生になってしまう。

そのことは変らないのですが、それまでの彼に頼って生きる人生は逆転します。

 

友人のすすめで自宅を改装し、お店を経営することにします。

自分の作ったセーターや小物を扱うお店です。

それは思ったより上手くいき、少しずつではありますが、売り上げも伸びていきました。

 

セーター

 

でも、その自宅改造の資金の出所は洋の弟、舷からです。

るみ子と舷は洋に内緒で秘密を持ったわけです。

そして以前より密な関係になっていきます。

しかし、何処か影を持った舷にるみ子は心引かれながらも、決して分かり合えない部分も理解していきます。

 

女性がお店や会社を起こすとなれば、家のことも夫の世話も手抜きは出来ない。

そんな悩みや、夫を愛していながらも他の男性に心惹かれる女性特有の浮気心も描いていきます。

 

一般主婦がお店を経営し、やりにくい夫を何とか操縦し、うるさい夫の実家と付き合い、 夫の弟と危うい関係を持つ……というかなり内容の濃いいお話。

お話としては上巻、下巻にしなくても終われたんでは?とはじめは少し疑問でしたが、二冊分でなければ描ききれない、と田辺聖子先生としては判断したのかな、と想像しています。