『愛してよろしいですか?』は一番好きな作品かもしれません!

『愛してよろしいですか?』。

『愛してよろしいですか?』

★『愛してよろしいですか?』

 

田辺聖子先生の作品でお気に入りは数々ありますが、『愛してよろしいですか?』はもしかして一番好きかもしれない作品です。

こちらの作品は単行本、文庫本ももちろんありますが、『田辺聖子全集』の11巻に所収されています。

 

『田辺聖子全集』第11巻

★『田辺聖子全集』第11巻

 

『田辺聖子全集』の11巻の口絵には、「愛してよろしいですか?」の歴史が満載で楽しめます。

まずは「愛してよろしいですか?」連載時の「週刊明星」誌面。

記念すべき連載第一回目の画像です。

 

『愛してよろしいですか』連載時の「週刊明星」誌面

★「愛してよろしいですか?」連載時の「週刊明星」誌面

 

続いて『愛してよろしいですか?』装丁の歴史。

 

『愛してよろしいですか』装丁の変遷

★『愛してよろしいですか』装丁の変遷

 

そしてなんと、NHK銀河テレビ小説「愛してよろしいですか」、ドラマです!

 

NHK銀河テレビ小説「愛してよろしいですか」

★NHK銀河テレビ小説「愛してよろしいですか」

 

これは見たいです…。どうにかして見れないのでしょうか?

「愛してよろしいですか」は1984年5月7日~6月1日放送、脚本:北村篤子。
出演:三林京子、時任三郎、岸部一徳、山田スミ子、山城新伍(出典:Wikipediaより)

NHK銀河テレビ小説では、田辺聖子先生原作のドラマをいくつか放送していたみたいですね。

 


さて、作品の話に戻りましょう。

この作品にであったときは、もう既に田辺聖子ワールドにはまった後ではありましたが、それでもこの「愛してよろしいですか?」を読んだ後、さらに先生のすごさに脱帽しました。

 

田辺聖子先生『愛してよろしいですか』扉

★田辺聖子先生『愛してよろしいですか?』扉

 

それというのも、お話の内容が、34歳のハイミスすみれが12歳年下の大学生ワタルに恋をするという、現在ではありうる話ですが、この本が発表された年代では、聞いたことが無い年の差恋愛でした。

男側が12歳年下など、ずいぶん思い切ったなあ、そんなの成立するの?と不安になりつつ読み進めてみると、最初の不安は何処へやら。

ストーリーの面白さにはまる、はまる、あっという間に終わってしまいました。

12歳年下男性との恋なのに、やけに明るい展開で見ているこちら側まで楽しくなる、そんなお話でした。

 

ストーリーは、イタリアでの旅先で知り合った男の子と話が合い、旅先でデートしたことがきっかけで、日本に帰った後も会い続け、恋愛に発展していきます。

何故それがこんなに良いと思えるのか、というと、年下の彼氏ワタルが非常に魅力的な男の子なのです。

 

イタリア

 

若い分、物怖じせず、ハイミスのすみれに話しかけてきて、イタリアでデートした後でも会いたくなれば、すぐに電話して誘ってくる。

しかも、明るくて優しい。

すみれの会社での愚痴でさえも、興味深く聞いてくれて、

 

「スウちゃんは偉い、頑張ってる」

 

と励ましてもくれる、女性が一緒にいて癒されるタイプの男の子だったのです。

 

主人公すみれは、12歳も年下なんだから、その場の付き合いでまさか恋愛感情が起こるなど思いもしなかったのですが、ワタルの魅力にどんどん惹かれて行きます。

けど自分はもう34歳。

彼からしたらしっかりオバサンなんだから、本気になっちゃいけない……そんなすみれの心の葛藤が読む人に共感を与えます。

 

こんなすみれの心がわかりすぎるほどわかるシーンが、ワタルと美術館へ行ったとき。

あまりの満員にワタルと離れ離れになってしまい、ようやく外に出てみれば、ワタルが他の女の子と話をしていました。

 

白いワンピースの女性

 

白いワンピースを着たその女の子は、ワタルと並んでいてとてもお似合いのカップルにすみれには見えてしまったのです。

自分には無い若さを持った二人を見て、いかにすみれがショックなのかが、手に取るようにわかる名シーンです。

 

それでもワタルは、

 

なんでかなあ、僕あんたといると他の女の子といるより楽しいねん。

 

と言ってくれる。

これって、最強のくどき文句じゃないですか!?

 

そしていよいよワタルと結ばれる時。

すみれは、

 

私はあの白いワンピースの少女と同じ年頃の気持ちになった。

 

と心の中で語ります。そこにも深く共感できますね。

 

物語は現実を描いていながら、実にロマンチック。

 

お金持ちでハンサムな紳士ではないけど、若くて優しく性格も良く、たまに男らしい一面も見せてくれる最高の男性像を先生はこの作品で見せてくれました。

田辺聖子先生の描く男性で多分一番人気がこの『愛してよろしいですか』のワタルであることは間違いないです!

ぜひ読んでみてください!!

 

『田辺聖子全集』第11巻の月報

★『田辺聖子全集』第11巻の月報

 

ちなみに、『田辺聖子全集』第11巻の月報は川上弘美さんと酒井順子さん。

こちらも必読です!

ちなみに、管理人は蔵書がたくさんあります。このホームページを見に来てくださった方も本好きでたくさんの書籍をお持ちと思います。

ですが、意外とかさばるんですよね。

背表紙が焼けないような書斎があればいいのですが、そんな広い家というのも難しいところ。

そこでおすすめなのがトランクルームでの書籍の保管です。

本棚ひとつ分くらいから、収納スペースをレンタルできるのでほんとうに便利です。

さらには、トランクルームは、家の建て替えや海外赴任などの引っ越しでも活用できます。

 
引越しの預かりオプション。荷物をトランクルームに一時保管!

 

【外部リンク】引っ越し荷物の預かり http://www.xn--u8jxa8mz64p9s9b4gn.com/

こちらは管理人が、自分の長期旅行の際に家財をトランクルームに預けた経験を元に作ったホームページです。

恥ずかしながら記事をまとめましたので、書籍の保管場所や引っ越しでの一時預かりなどの場所を探している人は参考にしてみてください。